クイックスタート

クイックスタート

刺しゅうの基礎を習得しましょう!刺しゅうを学ぶことで、美しいたった一つしかない作品を作り出すことができます。-気をつけてください!みんながあなたのその素晴らしい手芸の才能に嫉妬するかもしれません!

エンブロイダリーツールキット

用具・材料の準備

刺しゅう糸を分ける - DMC刺しゅう糸は、互いに撚り合わせた分割しやすい6本の撚り糸でできています。14カウントのアイーダ布にステッチするデザインの多くは、撚り糸を2本しか必要としないため、刺しゅう糸を分ける必要があります。デザインに何本の糸が必要かは図案を確認してください。

DMC刺しゅう糸のかせの表面にある、糸の端を見つけてください。かせから糸の端をゆっくり引き出し、18インチ(約45センチ)ぐらいになったら切り離します。刺しゅう糸を別々の撚り糸に分けるには、撚り糸を1本ずつ残りの糸から完全に離れるまでゆっくり引き抜きます。続けてステッチに必要な本数分引き抜きます。糸を再びかせに戻すには、糸の端を合わせて持ち、全体が均一になるようにやさしくなで合わせて、まとめます。

刺しゅう布の準備 - クロスステッチをどこから始めたらいいか、刺しゅう布の中心を見つけておくと役に立ちます。刺しゅう布の半分に折り、さらに半分に折ると中心が見つけられます。

デザインを刺しゅう布に写す - 刺しゅう布にデザインを写す方法は刺しゅう布の色や厚さ、または重さによって異なります。DMCのトレーシングペーパーはデザインを簡単に布に写せるように出来ています。 

DMCトレーシングペーパーの使い方

硬くて滑らかなものの上に刺しゅう布を置き、動かないようにテープで止めます。刺しゅう布の上に色のついた面を下にしてトレーシングペーパーを置きます。その上にデザインを置き、テープで固定します。タッチペンかインクの入っていない細字のボールペンで慎重にデザインをなぞります。最もきれいに仕上げるには、時間をかけスケッチの時よりも均等に力をかけ、長く連続した線を描くようにします。色の薄い刺しゅう布には青色のペーパーを、色の濃い刺しゅう布には黄色のペーパーを使用しましょう。

針に糸を通す – DMC糸通し器を使って針に糸を通すには、この便利なガイドに従ってください。こちらをクリックしてDMCニードルガイドを参考に、使用する針を選んでください。

 

ステッチを始める:

エンブロイダリーステッチについてのすぐに役立つヒント:

  • 間隔が完璧に揃ったステッチ - 一直線または帯状に刺しゅうするときは、サイズが均一になるように、定規かメジャーを使ってステッチする線に沿って水性のマーカーで小さな等間隔の点をつけます。慣れてくれば間隔の取り方がわかってくるでしょう。
  • 「真上と真下に」刺す - 刺しゅう枠を使う場合は、形の良い針目の揃ったステッチにするために、刺しゅう布に対して針を上と下に垂直に刺すようにします。
  • 糸の引き具合を均等にする - 滑らかで揃ったステッチにするには、一目ごとに同じ力をかけて引きます。ゆる過ぎるとステッチがたるんでしまい、あまり強く引くと刺しゅう布にしわがよってデザインがゆがんでしまいます。

刺し始めと刺し終わり

刺し始め

「でこぼこのない」美しい作品を作るためには、DMCはステッチを始めるときに以下で説明する方法のうちの1つの方法を使うようお勧めします。

  • ウエストノット法 - 線のステッチをしていて、糸を固定するために前のステッチが利用できない場合、この方法を使います。糸の端に結び目を作り、針を刺し始めの場所(ステッチをするライン上の)から1インチ(2~3センチ)ほどのところで表から裏へ刺します。針を刺し始める場所の表側へ出します。結び目に向かってステッチをはじめ、それぞれのステッチによって裏で糸が固定されるように糸の上で交差させます。ステッチが結び目に達したら、結び目を引き出し、刺しゅう布の近くで切り離します。 

 

刺し終わり
刺し終わった糸を始末するには、布の裏側で最後に刺したいくつかのステッチの糸を針ですくい、残った糸を切ります。針に再び糸を通し、裏側のいくつかのステッチの下を通して糸を固定してから再び刺し始めます。
 

27種類のエンブロイダリーステッチを学ぶには「DMCステッチガイド」を参照してください。